ゆでおきで楽チンに彩りUP! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

ゆでおきで楽チンに彩りUP!

忙しい人の味方「つくおき」!

頑張って料理を作り置きしておけば、平日のご飯作りがぐっと楽になるということで、近年作り置きをする人が急増しましたね。

 

そのお料理の中で一つのやり方としてあるのが「ゆでおき」。

「ゆでおき」はそのままの意味で食材を茹でて、下ごしらえを保存しておくというものです。

作り置きのように難しいレシピではないため、少し余ってしまった食材でも茹でておけば、作り置きをする時間がない人の強い味方になります。

本日は「ゆでおき」の魅力に迫ってみましょう。

 

 

ゆでおきとは?

いろいろな食材が冷蔵庫の中で中途半端に余り、結局使いきれずに捨ててしまうなんて経験はありませんか?

そんなとき、「ゆでおき」で食材をストックしておけば、食材をほんのすこし使いたいときでも、気軽に使うことができます。

 

「ゆでおき」は基本的に、ただ食材を茹でるだけです。

とても簡単なのに、使い勝手は驚くほど良く、何に使うか決めなくても、茹でておいて置くだけで、必要な時にさっと使うことができます。

「ゆでおき」をして置くと、ストックしたものを使い、種類豊富に食材を摂ることができます。

ゆでおきは「作り置き」と違い、ただ食材を茹でておくだけなので、食材ごとにお水の量や茹で時間などに気を付けさえすれば、とても美味しい「ゆでおきストック」が簡単に出来上がります。

ゆでおきのメリット

①茹でてすぐに食べられる

ゆでおきは、食材の持つ本来の味を楽しめる調理法です。

お野菜は茹でてそのまま食べても美味しいので、軽く調味料で和えれば、すぐ一品が完成です。

②アレンジが自由自在

食材をただ茹でておくだけなので、いろいろなお料理にアレンジしやすいのが茹でおきのいいところです。

切り方や盛りつけ次第で印象が大きく変わるので、同じ調味料で和えるだけで色々な変化をつけることができます。

③その日、使いたい量だけを使える

お料理にほんのすこし、彩りを加えたい時にも、茹でおきは大活躍します。

お野菜をトッピングしたいときにもゆでおきは大活躍!

小さくカットしておけば、ちょっと必要な時にすぐ使えます。

 

④生で保存するより長持ち

新鮮な食材をすぐに茹でれば、生のままよりも美味しい状態を長く保存することができます。

とくに、生の状態で保存するとしんなりとしがちな青菜は、ゆでおきをすることで新鮮さをキープできます。

 

⑤お弁当の隙間埋めや彩りに

 

お弁当の彩りや、隙間にもう一品欲しいなんていうときも、ゆでおきがあれば解決できます。

忙しい朝には強い味方です。

ゆでおきは、つくおきよりも気軽なため、忙しい人にはピッタリな調理方法です。

ぜひ試して気軽さとまた、料理の幅を広がる楽しさを実感してください!

 

 

【ご利用者様より大変ご好評をいただいております!!】

カジェールはクッキングプランも承っております。メニュー内容はお客様とご相談の上、お好みに合わせたお料理を調理いたします。「お料理の下ごしらえだけでも・・・」「お誕生日やクリスマスなどホームパーティーのイベントで手が回らない・・・」などの、お客様のご要望にもお応えいたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。現在多くのご利用者様よりご予約をいただいております。プロの家事代行スタッフが真心を込めてお客様のために調理させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京都、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府

 

 

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール