甘いバナナの美味しい食べ方 | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

甘いバナナの美味しい食べ方

バナナについて
バナナ、バナナ、ば、な、な!笑

栄養がつまったフルーツとして、皆さまもご存知かと思います✨

小さなお子様にも食べやすく、スイーツにも使われていますよね🧁

運動する前に召し上がる方もいらっしゃいます👟

ということで…

今日は美味しいバナナの選び方のポイントを4つご紹介します😊

 

***美味しいバナナの選び方ポイント***

①傷があるものは避けましょう💦

②全体が黄色になっているものを探してください✨

 

 

③バナナが角張っているものより、丸みを帯びているものを選びます😊

④数本のバナナがまとまっている部分(茎の部分)が太くて、短いもの✨です!

※バナナは木になっていますよね?茎の部分から実の方へ栄養が送られます。

 

そこの茎が細いとなかなか実へ栄養が行きにくいので、太くて短いものが、美味しいのです🍌

 

◉食べ頃のポイント

いつ頃が美味しく食べられるのか??

収穫された時はまだ青色です。

そこから店頭に並ぶまで、色は「青→緑→黄色」と変化していきます。

なので【全体がまんべんなく黄色になっているもの】がおすすめということです✨

熟成が進むと、皮の表面に小さな茶色の斑点(シュガースポットと呼ばれています)が現れます🍌

シュガースポットが出始めたら食べ頃♪

皮全体がまんべんなく「黄色」そして「シュガースポット」が出始めたバナナが、食べ頃で一番美味しいということですね😊

バナナは朝食に食べるイメージがあると思いますが…なんと!

「夕食」に上手く取り入れる事によってリラックスにも繋がるそうです✨

 

バナナの糖質は、体内への吸収が緩やかで腹持ちがとても良いのが特徴です❣️

私も、時々バナナを食べますが、意外と一本食べると空腹がおさまるんです。

やはり、ダイエットにはもってこいのフルーツなのかもしれません・・・!

 

バナナは意外とカロリーが1本約86キロカロリーで低いんです😊

 

果物の糖質はエネルギーに変わりやすくて、糖質の吸収が緩やかなので主食代わりにという方が多いのも納得ですね🌸

 

バナナは実はダイエットの強い味方でもあるんです✨

 

バナナは色々な種類の糖を含み、それぞれ体内に吸収される速度が違います。

 

全ての糖が体内へ吸収されるまでに時間がかかる為、血糖値の

上昇が緩やかになり、脂肪を溜め込むことを防ぎ肥満を予防するからなのですね❣️

 

 

バナナを買う時はより美味しいものの選び方を是非ともお試しください🍌

毎日にぜひ取り入れて体が喜ぶ食生活にしたいですね😊

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール