タオルは煮沸で簡単!殺菌・消臭! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

タオルは煮沸で簡単!殺菌・消臭!

長年同じタオルを使うと気になってくるのが匂いや黄ばみ。

何度洗濯しても取れないから諦めて捨ててしまうという方も多いはず。

 

 

実はこの臭い、鍋の煮沸消毒で簡単に取ることができます。

本日はベストな鍋の温度と煮沸時間をご紹介いたします。

 

 

匂いの原因とは・・・!?

雑菌は湿ったところで繁殖するため、濡れたタオルをカゴの中で放置したり、雨の日の部屋干しで湿気対策をせずに干すと雑菌が増殖します。

これが匂いの原因になってきます。

 

 

タオルの雑菌を防ぐ方法

濡れたタオルはきちんと干して乾燥させてから洗濯カゴに入れるようにすれば、何度使っても臭くなることはありません。

 

雨の日の部屋干しは以下の注意点・ポイントに気をつけて乾かしましょう。

 

①濡れた状態で洗濯機の中に放置せず、洗ったらすぐに干す

②壁や窓、カーテンや乾かす服同士の間隔が狭いと雑菌がタオルに移るので、カーテンレールに干さない

③エアコンや除湿機を使って早めに乾かす

④換気をよくするため、ドアを開けて部屋を閉め切らない

 

 

みなさんは、洗濯しても臭いがとれない理由をご存知ですか?

 

それは洗濯しても雑菌が死滅していないからです。

つまり、しっかりと殺菌処理して増殖した雑菌をリセットすることが重要です。

 

そこで、いくつかの殺菌方法をご紹介します。

 

鍋に入れて行う方法
①大きな鍋に水を入れて沸騰(100度)させる。
②鍋にタオルを入れて、グツグツと5分程度煮込む。

 

■注意点
①タオル生地が傷みやすい
②色付きタオルは少し色落ちする場合があります
③火を扱うので目が離せない。

 

一度に殺菌できる枚数は鍋の大きさに制限されます。

 

つけおき方法
①ぬるま湯かお湯(50度)に酸素系漂白剤(ワイドハイター粉末タイプなど)を溶かす

②タオルを入れてつけおく(時間は漂白剤のラベルに記載されているはず。大体30分~1時間

③水でよくすすいでから洗濯するか干す

 

■注意点
①塩素系(キッチンハイターなど)でも可能だが、生地が傷みやすい
②色付きタオルは色落ちする場合があります
③2時間以上浸さない

火を扱わないので、お風呂場などどこでもできます。

 

タオルやふきんは煮沸消毒か漂白剤につけおくことで、雑菌が消えて臭いもとれます。そして、臭くなる原因を作らないように「使用後の濡れたタオルはすぐに干す!」。

これを徹底しておけば、長年使ったタオルでも臭くありません。

いい匂いのタオルを使い、気持ち良く過ごしましょう。

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール