秋の夜長とセンチメンタル | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

秋の夜長とセンチメンタル

秋が深まってくると、なぜか心が寂しい気持ちになる時がありませんか?

わけもなくセンチメンタルな気持ちになるのには、実は理由があったのです。

 

さて、どんな理由なのでしょうか?

 

夏が終わり、朝晩の涼しさを感じ出す頃から秋がグンと深まりますね。

この冷え込みより体は徐々に冷えを感じ出すと、自律神経に影響を与えて気持ちに変化が現れやすくなります。

特に酷暑だった今年は寒さによる自律神経のアップダウンが大きくなることが予想されます。

 

日が暮れる時間が早まり、夜が長くなる秋から冬は自律神経をリラックスさせるため、夜時間を楽しみませんか?

 

今回は秋の夜長を楽しむ方法をご紹介いたします。

 

 

1、映画を観る

映画を観て涙を流したり心がときめくことで、心のデトックス効果が期待できます。

それは、泣くことで「副交感神経」が活発になり、リラックススイッチが入るからです。

さらに、「泣く」ことによりストレスホルモンが排出されたり、涙に含まれる成分には脳内麻薬とも呼ばれる「エンドルフィン」という物質に似た物質も含まれており、ストレスや痛みを和らげてくれるともいわれています。

 

忙しくて最近映画が観れていないという方は、秋の夜長に映画を楽しんでみませんか?

 

2、温かい飲み物を楽しむ

 

 

体が急激に冷えがちな秋には温かい飲み物を飲みながら、のんびりくつろぐのはいかがでしょう。

 

ホットミルクや、ノンカフェインのハーブティーはもちろん、ホットワインなどもおすすめです。

生姜やスパイスを入れると、体をさらに温める効果も期待できます。

 

 

3、料理をしてみる

 

冬になると温かい食べ物が恋しくなってきますね。

 

秋の夜長にはじっくりゆっくり作るオーブン料理がおすすめです。

グラタンやチキン、おやつなどをオーブン調理して、焼き上がりまでの時間をゆっくり過ごし、アツアツを頬張るのも楽しそうですね。

 

4、ゆっくりお風呂に浸かる

 

季節性の冷えにお悩みなら、いつもよりも長めにお風呂に浸かってみませんか?

半身浴は20分程度行うことで体の冷えが改善されたり、リラックス効果も得られるなどメリットもたっぷりです。

 

自律神経が整い、気持ちよく眠りにつくことができるでしょう。

 

秋の夜長の過ごし方はいかがでしたでしょうか?

ちょっと寂しくなりがちな秋の夜長は、リラックスしながら楽しみましょう。

 

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール