ワーママにも睡眠を!ポイント6選 | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

ワーママにも睡眠を!ポイント6選

お仕事や子育てに忙しいお母さん!

睡眠不足に悩まされていませんか?特に働くお母さんや、まだ年齢が低いお子さんを抱えながら働くお母さんなどは万年睡眠不足などという話をよく聞きます。

 

ワーキングマザーはやらなければならないことがとても多いので、何事も効率よくこなすことが必要となります。

良質の睡眠がとれていないと、仕事も家事も効率よくこなすことはできません。
忙しいワーキングマザーにとって、良質の睡眠を確保することは必要不可欠なのです。

そこで今回は忙しいお母さんたちが「良質な睡眠をとるためにしてほしいこと」をご紹介いたします。

 

 

①子供と一緒に早く寝てしまう

息抜きとはいえ、子供が寝た後に長時間ネットサーフィンをしたりテレビを観て遅くまで起きてしまうなら、思い切って早寝早起きをするのがおすすめです。

夜は子どもと一緒に9時に寝たとしても、朝4時に起きれば7時間の睡眠時間が確保できます。朝型生活に変われば、早朝のひとときは誰にも邪魔されない自分の時間です。一日の始まりを気持ち良く過ごすことで心にも余裕が生まれて、充実した一日につながっていきます

 

 

②寝る前にブルーライトを浴びない

「寝る前にブルーライトを浴びない」というのは良質な睡眠をとるためにはとても大事なことです。

寝る前についつい携帯やスマホを1~2時間見続けてしまうことってありますよね。

ブルーライトには目と頭を覚醒する効果があるので、ベッドに入ってからもなかなか寝られなくなってしまいます。パソコンの画面も同様です。

スマホは電磁波を避けるためにも2メートル以上離れたところに置き、テレビも寝る1時間前には消したほうが良いでしょう。

 

 

③寝る前にはゆっくり安らぐ時間を作る

寝る前はゆったりした時間を過ごしましょう。

スマホを置いてTVを消したら、間接照明の中でアロマをたいたり、お風呂上がりに良い香りのするボディクリームを塗ったり、本を読んだりしてはいかがでしょうか。

少しでも心が安らぐ時間を作りましょう。

 

④適度に運動をする

良質な睡眠には適度な運動が欠かせません。

体が少し疲れた方が良い睡眠を得るには効果的です。

「運動をする時間がない」という人は、いつもはエレベーターやエスカレーターを使うところを階段にしてみたり、電車に乗っても座席に座らないなど、生活の中でカロリーを使う時間を増やしてみましょう。

 

 

 

⑤家事お助け家電に頼る

家事を時短できる家電製品を導入しましょう。

◉食洗機

◉自動掃除機

◉自動洗濯乾燥機

これらの家電製品があなたの代わりに家事をやってくれるようになると、今まで家事にあてていた時間を減らすことができるので、睡眠時間を増やすことができます。

 

 

 

⑥家事代行サービスを利用してみる

睡眠時間が確保できない原因は、一日のスケジュールが過密になってしまっているのが原因かもしれません。仕事から帰ってきても家でお母さんを待ち構えているのは家事や育児で、全くもって休める気がしない日々、、、。

家に帰って、家事や育児で充実した楽しい時間を送れていなかったら。もし日常生活で心に余裕がなくなってしまっているのであれば、思い切って家事代行サービスをお願いしてみてはいかがでしょう。

家事代行業者に家事をお願いすることで、自分時間やご家族と過ごす時間が生まれます。良質な睡眠が確保され、ひいては仕事のパフォーマンスの向上や、お子様やご家族とのかけがえのない時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

 

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール