慢性的な凝りの正体とは!? | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

慢性的な凝りの正体とは!?

誰もが感じる、首や肩、背中などの痛みや凝り。

あなたは、感じたことありませんか?

私は、いつも高校生の頃から感じているので、もう長い付き合いです・・・。

そんな、慢性的な痛みが続く「こり」。

もしかしたら、こんな障害が隠されているかもしれません・・・。この機会に、自分の体と向き合って、凝りから解放されませんか?

 

 

 

下記の場所に痛みやこり、しびれなどの症状が現れた状態を、頸肩腕(けいけんわん)症候群といいます。

ちょっと難しい名前ですが、早くわかると治療できるかもしれません。

自分の症状に当てはまっているか確認してみましょう。

◉首周辺
◉肩
◉背中
◉腕
◉手首
◉手など

 

頸肩腕症候群は、神経や血管への圧迫、筋肉へ負荷がかかり、首周辺・肩・背中・腕・手・手首などに痛みやこり、しびれが現れると考えられています。

昔はタイピストやスーパーのレジ打ちなど、キーをたたく仕事は、ほとんどが女性の仕事でしたが、今では男女ともにパソコンやタブレット、スマホなどを使う機会が多くなり、この症状に悩まされている人も多いのです。男性も頚肩腕症候群になることがありますが、女性に多く見られる症状です。

 

特に女性はパソコン作業に加え、料理などの長時間立って腕を使う作業も痛みを増加させる原因となります。頸肩腕症候群は、必ずしも利き手に出るわけではありません。

 

頸肩腕症候群の症状は

◉腕や手がとにかく痛い

◉ものが書きにくくなる

◉力が入らない

◉腕が重く感じる

◉運動をすると痛みが増す

◉痛くて眠れない

◉痛みで食欲がない

◉じっとしていても痛みが現れる

などがあり、ひいては自律神経や、物忘れなどに影響します。

 

病院での治療は主に次の三つがあります。

◉薬物治療(痛み止めなど)

◉神経ブロック療法(痛みの原因になっている神経の働きを抑える)

◉理学療法

 

治療を始めても、すぐに痛みが改善されるとはかぎりません。
ご自身にあった治療法を見つけて、症状を改善するようにしていきましょう。

頚肩腕症候群は、痛みの原因を取り除くことが大切です。

適度に運動をして、凝りを取り除く努力をするとともに、仕事やふだんの生活で、疲労をためないようにしましょう。

生活習慣病などにも言えることかもしれませんが、凝りに対しても一番いいといわれているのがよく食べ、よく動き、よく寝ることです。

そして、この時代に多くなっているのが、ストレスではないでしょうか。

ゼロにはできないかもしれませんが、少しずつ自分のためにストレスを減らして心地よく過ごせるようにしていくのが理想なのではないでしょうか。

カジェールもみなさまの生活の一助となるようにお手伝いできればと思います。

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール