腸内環境を整える腸活のすすめ | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

腸内環境を整える腸活のすすめ

「良い体作りには、腸内環境が大事!」

 

周りのお友達に食べても太らない人っていませんか?

自分は食べただけ体重が増えてしまうのに何でだろうと不思議に思いますよね。

もしかしたらその秘密は腸内環境にあるのかもしれません。

 

 

 

大腸にある腸内細菌は約1000兆個あると言われています。

腸内細菌は、大まかに「善玉菌」「悪玉菌」2種類に分かれています。

善玉菌は腸内環境を整えるのに効果的な存在であると言われています。

 

善玉菌は、消化の吸収を手助けし、免疫力の向上を手助けする働きがあります。

そのほかに肥満防止、老化防止という嬉しい効果も期待できます。

 

では、善玉菌をどのように増やし、腸内環境を整えることができるのでしょうか?

 

整え方のポイントを5つご紹介します。

 

①起床時に常温の水を飲む

常温の水を毎朝決まった時間に飲むことで、自律神経が整えられ腸にも良い影響があります。

150ccのお腹に優しい白湯か常温のお水を飲み、寝ている腸を起こしてあげましょう。

 

 

②善玉菌の好きな食物繊維やオリゴ糖が入った食材を沢山とる

 

善玉菌の栄養源となるのが食物繊維やオリゴ糖です。

ここで、代表的な食材を2種類に分けてご紹介します。

食物繊維を多く含む食材

◉アボカド

◉ごぼう

◉オクラ

◉モロヘイヤ

◉きのこ類

◉海藻類

 

オリゴ糖を多く含む食材

◉バナナ

◉きな粉

◉玉ねぎ

◉ごぼう

 

 

③発酵食品を多く摂る

 

善玉菌を増やすためには、発酵食品を摂るのが良いとされています。

 

キムチや漬物、味噌、納豆などの発酵食品を食べることで、腸内環境が環境されます。

 

夕食は胃腸に負担をかけないためにも、寝る3時間前に食べ終えるのが理想です。

発酵食品や野菜をふんだんに使った和食寄りの献立がおすすめです。

急いで食べずによく噛んで食べましょう。

 

④ストレッチやウォーキング、ヨガなどの軽い運動をする

 

運動不足は悪玉菌が増える原因のひとつです。

毎日の生活に軽い運動を少しずつ取り入れることで、善玉菌多い体を作ることができます。

天気のいい日には20分程度のウォーキングもいいかもしれません。

 

⑤ストレスフリーな生活を心がける

 

ストレスがかかると胃腸に不調が出ることがありますよね。

ストレスは悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させる原因となります。

それと同時に、ストレスによって免疫力も下がるのでさらに悪化してしまうおそれもありますので注意が必要です。

また、悪玉菌が腸内で増えると、ストレスを感じやすくなるとの文献もあります。

悪玉菌の負のループに陥らないように、ストレスを減らす生活を意識しましょう。

 

 

ちょっとした生活習慣で腸内環境が改善することがお分かりいただけたでしょうか?

スッキリした体を手にいれて、夏を楽しみましょう。

 

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール