旬の食材で夏バテ知らず! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

旬の食材で夏バテ知らず!

関東地方でも梅雨明けが発表され、夏の到来となりました。

 

夏は、雨も多く太陽も降り注ぎ、万物のエネルギーが大きく生長する季節です。

その変化に反応して、私達の身体の陽気も盛んになります。

 

夏は拍動や発汗量も増えて心臓の機能が活発になるため、体が知らず知らずのうちに疲れてしまい、夏バテを起こしやすい季節でもあります。

その上、冷房による体の冷え、寝つきにくい、暑くて体に熱がこもってしまう火照り、だるさなど、夏に意外と体調を崩す人は多いのです。

 

しかし、昔から食べ物で体を調整する薬膳の世界では、体の不調により食べるものを選別し、その時期に合った体に整えていくことは常識です。

 

そこで今回は夏バテに効く食材をご紹介します。

料理好きやこれから料理を覚える人にとっても、身体によい食材を選ぶことでバランスのいい身体作りができます。

この機会に美味しい食材を手に入れて、楽しくご飯をいただきましょう。

 

夏の薬膳は「心臓機能を守る食事と夏バテを予防する食事」が大切とされています。

 

予防別に食材を以下にまとめましたので、参考にしてください。

 

 

暑さによる心の機能失調を防ぐ食材

清熱解暑類(せいねつげしょ):熱を取り除き、心の生理機能を正常化する

◉そば

◉小麦粉

◉苦瓜(ゴーヤ)

◉胡瓜

◉緑茶

◉緑豆

◉豚肉

◉かに

 

 

暑さで体が動かない、夏バテ防止に効く食材

生津止渇類(せいしんしかつ):体液を補充し、のどの渇きを止め体調を回復

◉豆腐

◉トマト

◉白きくらげ

◉西瓜

◉レモン

◉牛乳

 

 

 

高温多湿から消化器の機能を守る食材

芳香化湿類(ほうこうかしつ):気の巡りをよくし、食欲を増進し、湿を除く

◉香菜

◉グリンピース

◉みかん

◉山椒

◉ジャスミン

 

 

暑くて眠れない、落ち着かない時に効く食材

養心安神類(ようしんあんじん):精神不安、イライラ、不眠などに効果がある

◉小麦

◉蓮の実

◉百合根

◉鶏卵

◉なつめ

◉蜂蜜

◉牛乳

 

どれも、漢方からくるものなので身体に直に作用するものです。

普段から旬の食材を取り入れることによって内側から、夏でも乗り切れる体作りを目指しましょう。

旬の食材にはたくさんのパワーが詰まっています。

自分の体調を見極めて食材を組み合せ、バランスの良い献立を立て暑い夏を乗り切りましょう!

 

ぜひ、この夏を快適に過ごしてください。


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール