非常用バッグの中身と使い方の注意点! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

非常用バッグの中身と使い方の注意点!

世界で最も地震の多い国の一つ、日本。

 

先日もカジェールの多くのお客様がいらっしゃる大阪を震源地とした大地震が起こりました。

 

被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧と復興を心よりお祈りいたします。

 

本日は、大きな地震に備え、非常用バッグのお話をしたいと思います。

 

非常持ち出し袋の中身

災害時に備える非常持ち出し袋の中身には、いったいどんなグッズを入れておけばよいのか?

とても悩むところです。

統計では1人の人間が背負って歩くのに支障のない重量の目安は・・・

・成人男性で15kg

・成人女性で10kg程度

と言われています。

 

そのため、いざという時何を持っていくのか、きちんと厳選する必要があります。

避難生活を送らなければならないことを想定した場合に、最低限必要だと思われる品をリストをまとめてみました。

 

 

非常用バッグに入れるもの

◉非常袋

非常袋用もいいですがサイドポケットがあり両手をふさぐことのない少し大きめのリュック型がおすすめです。

1、飲料水

飲料水なら1日1L程度必要です。数本は水のペットボトルを入れておきましょう。

2、非常食

カンパンや長期保存ビスケット、チョコレートなど。今は非常食のバラエティも豊富です。

3、懐中電灯

電気が止まった時のことも考え、予備電池もセットで用意しておくといいでしょう。

4、ラジオ

避難生活となった場合、情報源となるラジオは必須です。予備電池も用意しておきましょう。

5、貴重品

お札だけでなく、必ず小銭も用意してください。保険証、身分証明書、通帳のコピーも合わせて入れておくと何かと役立ちます。

6、救急袋

マスク、消毒液、絆創膏、湿布薬、三角巾、風邪薬などの常備薬、包帯、毛抜き、綿棒。

7、着替え

下着類やTシャツなどを数枚用意する。空気が抜ける圧縮袋などにまとめて入れておくとコンパクトに収納できて便利です。

8、筆記用具

油性マジック、メモ帳、ボールペン。ハサミやカッターナイフも入れておくとさまざまな用途に使えます。

9、ライター

炊飯時やロウソクを使う時、ライターやチャッカマンのようなものがあると便利です。

10、タオル

怪我の手当てや汚れ拭き、下着の代用等、なんにでも使えるので数枚用意しておくといいでしょう。

11、ポリ袋

小物入れや水入れ等、汎用性が高いため、数サイズの袋を用意しましょう。

12、トイレットペーパー

水道が止まってしまった際などを考え、ウエットティッシュも併せて用意しておくと便利です。

13、ガムテープ

さまざまな用途に使えるガムテープは布タイプが頑丈でおすすめです。

14、軍手

綿100%と皮手袋(ガラス片処理用等)の2種類あると、割れ物の処理作業などに便利です。

15、レインコート

大きいごみ袋対処することもできますが、。あらかじめ用意しておくといいでしょう。雨よけだけでなく防寒にも使えます。

16、レジャーシート

避難先の場所の確保(一人あたり1畳程度)などに便利です。

 

そのほか、コンタクトレンズ、マスク、女性用生理用品など、必要な方は忘れずに用意しておきましょう。

 

小さなお子様がいるご家庭は、これにプラスして、オムツ、哺乳瓶、粉ミルクなど、最低でも3日分の備えをしておくと良いでしょう。

 

 

また、災害時のいざという時に役立つのがサランラップです。

 

日ごろはキッチンを舞台に活躍しているラップは、防災グッズとしても優秀です。

さまざまな困った場面で役立にたちます。

 

◉食器に被せて使えば、お皿を洗う必要がありません

◉スポンジの代わりに食器が洗えます

◉ラップを三つ編みにすると強度が上がり、ロープや紐代わりに

◉応急処置の包帯代わりに

 

 

非常用バッグの存在はとても大切ですね。

 

「私のところは大丈夫!」

「非常用バッグは常に用意してある!」

というご自宅の方でも注意が必要です。

非常用の中でも、「食料品」には気をつけましょう。

食料品には、「消費(味)期限」があります。

すでに購入していて、常にあったとしても、いざ必要な時に期限が切れていると元も子もありません。

日常からチェックが必要です。

お子様がいるお宅などでは、非常用の食料品にも慣れておく必要がありますので、時々、チェックしたときに日付が近いものを食べてみるということも大事です。

この機会に、非常用バッグをチェックしてみることをおすすめします。

まだまだ余震の心配もある関西地方の皆様、家の導線を今一度確認し、避難経路を確保しましょう。

 

カジェールは大阪エリアの家事代行事業の一端を担う事業者として、社業を通じて一日も早い復興と皆様の心身のご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール