お家でかんたん乾燥対策! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

お家でかんたん乾燥対策!

冬は寒くてどうしても空気などが乾燥してしまう季節。

外はもちろん、室内もエアコンなどの暖房によって、とても乾燥しています。

 

 

湿度が低くなると、喉が痛くなったり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。もちろん乾燥はお肌にも大敵!

厚生労働省によると、インフルエンザを防ぐためには湿度を50~60%に保つことが効果的とされています。部屋の湿度を高くするためには、加湿器を使用するのが一番良いですが、今回は「加湿器がない方のための代用方法」をご紹介します。

全部で5つありますので、よければ参考にして、ぜひ試してみてくださいね!

 

①コップに水を入れて置く

コップに水を入れて部屋に置いておきましょう。近いところに水分を置くことで簡単に乾燥対策ができます。コップの周りに水滴が付かないようであれば、部屋が乾燥しているということです。オフィスでも気軽にできる小技です。ボウルやバケツなど容量が大きいものはさらなる効果が期待できます。

 

 

②洗濯物を部屋に干す

 

洗濯物を部屋干しすると、加湿効果がありますが、部屋干し専用の洗剤を使うことをオススメします。また、乾燥までに時間がかかると部屋干し臭画するので、日当たりの良い場所に干す、エアコンのすぐ下に干すなど干す場所を工夫して匂い対策をしましょう。

 

 

③お風呂上がりはドアを開ける

 

お風呂上がりやシャワーを浴びた後に、浴室のドアを開けっ放しにしておくとリビングや部屋に加湿効果が期待できます。ただし、部屋の温度や広さによって、結露が大量に発生してカビの原因になることもあるので様子を見ながら注意して行ってください。

 

 

④カーテンを洗濯して干す

 

カーテンを洗濯し、そのまま吊り下げて室内で干すのも効果的です。カーテン掃除と乾燥対策が同時にできて良いですね。乾燥している室内でしたら、あっという間に乾いてしまいます。

湿度計がなくても、加湿しなければいけない度合いもわかります。

度合いもわかれば、どんなもので加湿すればいいのかもわかるかもしれません。

 

⑤料理をする

 

料理でも加湿が出来きます。料理をする時はなるべく蓋をせずに蒸気を部屋の中に逃がしてあげるようにしましょう。特に、食卓で加熱しながら食事できる鍋物はおすすめです。美味しくお鍋を食べながら、部屋が加湿できます。

冷えた身体も温まるので一石二鳥になるのではないでしょうか?

 

 

加湿器なしの乾燥対策、いかがでしたでしょうか?

最近、乾燥が気になる方、身近なものを使って今すぐ乾燥対策をしましょう!

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール