すぐ実践できる快眠方法 | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

すぐ実践できる快眠方法

大人になってくると多かれ少なかれ避けられないのはストレス。適度なストレスは人間にとって必要なものでありますが、どのようにストレス耐性をつけていくかは人々にとって大きな問題です。

 

そんなストレスフルな状態に影響が出やすいのは睡眠。睡眠不足は日常生活はもとより、美容や健康にも悪影響を及ぼします。今回は眠れない時の対処法として、日常的に実践できるストレスリリース方法をご紹介します。

 

 

◉就寝1〜2時間前にリラックスできる時間をつくる

ストレスは脳と体がリラックスすることで解消できます。そしてそれが不眠の解消にもつながります。寝る前にリラックスできるよう自分の時間を意識的につくりましょう。

 

◉寝酒、寝タバコ、カフェイン飲料を控える

就寝前のコーヒー、紅茶などカフェインを含んだ飲み物、タバコなどの刺激物は安眠の大敵です。

 

◉朝、太陽光を浴びる

朝、光を浴びると、目から入った光を脳が感じることでメラトニンの分泌が止まり、体内時計がリセットされて活動を始めます。体内時計のリズムを正しくするには、朝、太陽光をしっかりと浴びることが大切です。

 

◉毎朝、同じ時間に起床する

睡眠リズムを整えるため、起床時刻を毎日同じ時間にすることも大切です。睡眠時間を一定にするのではなく、平日・休日関係なく、起床時刻を毎日同じにすることにより、睡眠のリズムを改善します。

 

◉入眠習慣をつくる

就寝前に決まった行動を習慣づけると睡眠が促されることがわかっています。入浴、歯磨き、ストレッチや柔軟など単純な作業を行うことで、脳に入眠を働きかけることができます。

 

◉運動

適度な肉体疲労は心地よい眠りを生み出します。体に負担がかからないウォーキング、ジョギングなどの軽い有酸素運動は血行が良くなって眠りやすくなります。

 

 

◉手足を温める

冷え性など日常的に手足が冷たい方は血行不良により脳も体も休まらず、入眠しづらい状態。就寝前に足湯や手湯でリラックスしながら体を温めたり、靴下をはくなど手足を冷やさない工夫をしましょう。

 

◉ゆっくりとお風呂に入る

入浴は家で簡単にできるポピュラーなストレス解消方法。リッラクス効果を得るためには38~40℃のぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。

 

心地よい眠りをゲットする方法、いかがでしたでしょうか?快眠生活で、ストレス耐性に強い体を作りましょう!

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール