あの食感をもう一度!揚げ物の温め直しテクニック | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

あの食感をもう一度!揚げ物の温め直しテクニック

揚げ物を多く作りすぎて余ってしまった時や、スーパーマーケットなどのお惣菜コーナーで買った唐揚げやコロッケなどを買った時、冷めてしまった揚げ物や天ぷらを熱々のサクサクに温めたい時はありませんか?

今回は揚げ物の温め直し方法や、温め直しの際の注意点などをご紹介いたします。

電子レンジ、オーブントースター、フライパンを使っての方法を順番にご紹介します。

 

 

◉電子レンジを使う場合

 

電子レンジを使い揚げ物を温め直す方も多いかと思います。

しかし、電子レンジを使うと急に温度が上がることにより、具材に含まれている水分が一気に出てきてしまいベチャッとなってしまいます。

 

冷蔵庫に入れていた揚げ物を温め直す際は、常温に戻してから温めましょう。まず電子レンジで温め直す前にキッチンペーパーを使って油を拭き取りましょう。冷えてしまった揚げ物の衣にはたくさんの油が含まれているため、事前に余計な油を拭き取ることは大切です。

その後、電子レンジで30秒ほど温めた後、トースターを使い2分~3分ほど温め直します。

その際はクッキングシートを下に引くことによってサクサク感がアップします。

 

 

◉オーブントースターを使う場合

 

 

電子レンジと比べると手間はかかりますが、オーブントースターを利用すると揚げたてに近い状態になります。揚げ物を温める前に、十分にオーブントースターを温めておきます。アルミホイルをシワシワにしてから広げ、揚げ物から出る油をキャッチするためにオーブントレイに敷いておきます。アルミホイルの上に揚げ物を置いて、約2分ほど温めます。様子を見ながら、温めましょう。取り出す時は、やけどに注意してください。

 

 

◉フライパンを使う場合

 

 

 

 

油を敷かず、フライパンをしっかり温めます。火を弱火にし、揚げ物を乗せて温めます。この際に強火にしてしまうと、急に温度が上がることにより油が出てベチャッとする原因になるので、必ず弱火で温めます。

弱火でじっくり温めることによってサクサク感がより出て、おいしくできあがります。

 

 

よかったら参考にして試してみてください。

今まで揚げ物の温め直しで衣がベチャっとなってしまっていた方も、本日ご紹介した方法を実践してみることで、揚げたてと変わらないおいしさを実感できたら嬉しいです。

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

 

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール