汚れたエアコンが及ぼす影響とは!? | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

汚れたエアコンが及ぼす影響とは!?

そろそろ寒さも落ち着いてきて、温かくなってくるのを少し感じると季節の変わり目だなと思いませんか?

でも、まだ少し肌寒い・・・。

暑いときは、天気がよければ窓を開けたらいいけど、エアコンつけようかな~と思ったりしますよね。

ふと、エアコンをつけたらなんだかカビ臭い・・・!?

吹き出し口やフィルターをよく見たら点々と黒いカビが!なんて経験ありませんか?

それはエアコン内部に汚れが溜まっている証拠です。

気を付けたいのが、エアコンはカビが生えやすい電化製品の一つなのです。定期的にお手入れをしないとカビの温床となってしまう可能性があります。

そして、カビが生えたままのエアコンを使い続けると、運転するたびにカビ菌が室内にまき散らされ、息から体内へ入るため、咳を伴う病気やアレルギーなどの原因となってしまうことも。

何にしても、早めの対処が必要になってきます。

 

カビは以下の条件が揃うと繁殖しやすくなると言われています。

◉気温20~30℃

◉湿度70~80%

◉ホコリ・汚れ

 

エアコンは使用の度にカビの胞子を部屋中に撒き散らすことになってしまいます。

人がカビの胞子を大量に吸い込んでしまうと、以下のような病気になる可能性があります。

◉喘息

◉肺炎

◉アレルギー性鼻炎

◉アトピー性皮膚炎などの皮膚の異常

 

特に多いのが「咳を伴う肺炎」です。肺炎の症状は咳や頭痛、発熱なので普通の風邪だと思い込んでしまう方も多いようです。

放っておくと、重症化してしまうこともあります。

赤ちゃんや幼児といった子供は免疫力が低く、体も出来上がっていないため、大人よりカビの影響を受けやすく、病気の発症率が高いため、さらに注意が必要です。

幼少時にアトピーや喘息に一度なってしまうと、大人になっても症状を引きずることも珍しくないので、子供がいるご家庭では、特にエアコンを清潔にしておく必要があります。

 

かといって、ご自身でエアコンの掃除をするのは大変ですね。カジェールではお掃除革命さんを通して、エアコンのお掃除をご提供しております。年中フル稼働なエアコンのお掃除を、春先にしてみてはいかがでしょうか。

早めに掃除をしておくと、いつでも気持ちよくエアコンなどの電化製品を使うことができます。

一度、ご家族と相談して検討してみてくださいね。

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール