ママ必見!子供がする落書きの対処法! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

ママ必見!子供がする落書きの対処法!

 

親が一度は経験する子供の落書き!

子供の壁の落書き、無邪気な子供がやってしまったこととは言え、それをなんとか消さなきゃいけない親にとっては笑えない出来事です。

特に賃貸物件の場合だと・・・敷金が返ってこないか心配になりますね。

今回は、その困った壁の落書きや汚れを消す方法をご紹介します。

 

 

◉ボールペンの落書きの落とし方

ボールペンは意外と消すことが大変です。クレヨンやマジックと比べ、線が細く圧がかかりやすいので、除去するのに時間を要します。 水性のボールペンなら、ガラスクリーナーが最も汚れ落としに適しています。しかし、雑巾やマイクロファイバークロスで一気に拭き取ろうとすると、汚れが全体に広がってしまいます。面倒かもしれませんが、太めの綿棒などにガラスクリーナーを浸して少しずつ丁寧に拭き取っていきましょう

 

 

◉マジックインクの落書きの落とし方

ボールペン同様、油性マジックの落書きは一筋縄ではいきません。

書いてしまった後すぐであれば、簡単に落ちますが、時間が経った後では落ちにくいです。

普通の中性洗剤で除去するのは難しいので、メラミンスポンジでこすってみましょう。

メラミンスポンジなら、描いて時間が経過していなければ比較的簡単に落とせます。

しかし、時間がたつと壁にマジックインクの油性成分が浸透してしまい、落ちにくくなってしまいます。この場合、少量の除光液をコットンに含ませて拭くと効果的です!

ただし、壁の素材により変色する可能性があるので・・・最初は目立たない部分で試してから除去しましょう。

 

 

◉クレヨンの落書きの落とし方

幼児がお絵かきでよく使うのがクレヨン。クレヨンで落書きされた経験がある親御さんも多いかと思います。幼い子どもは、絵を描き始めたころは楽しくて、クレヨンでいろいろな場所に落書きしたくなるようです。壁のクロスや家具などに描いてしまったクレヨンの落書きを落とすには、古歯ブラシに歯磨き粉をつけて軽くこすりましょう。その後、水で濡らし固く絞った雑巾で拭きとると、クレヨンの落書きをキレイに落とすことができます。

 

 

小さなお子様がいるご家庭では落書きはつきものです。

落書きを落とす方法を押さえて落書きをされても心の余裕が持てるようになるといいですね。

ぜひ、試してみてください!

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

 

0

カジェールの
「家事代行・家政婦」プラン

お客様に代わり、お客様のご自宅の洗剤、用具をお借りし、多岐にわたる家事をカジェールは代行させて頂きます。

カジェールの
「クリーニングマスター」
定期プラン

プロのスタッフが専用の洗剤、資機材を用いて徹底的に汚れを除去致します。定期利用でキレイが継続!

通常料金 定期料金
2点セット
キッチン+浴室
18,800円 (税込) 16,800円 (税込)
3点セット
キッチン (又は浴室) +洗面+トイレ
18,800円 (税込) 16,800円 (税込)
4点セット
キッチン+浴室+洗面+トイレ
24,800円 (税込) 22,800円 (税込)

クリーニングマスター定期プラン

1ヶ月に1回のお得な定期クリーニングプランは、汚れが貯まる前に定期的に隅々までお掃除するのでキレイが続きます。

クリーニングマスター定期プラン

1ヶ月に1回のお得な定期クリーニングプランは、汚れが貯まる前に定期的に隅々までお掃除するのでキレイが続きます。

*2021年4月より一部サービス料金・表示方法を変更しております。
税込価格は少数点以下を切り捨てて表示をしておりますため、内部的な実際価格に伴い実際価格が数円単位前後する場合がございます。

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール