壁に生える梅雨のカビ予防対策! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

壁に生える梅雨のカビ予防対策!

ジメジメした梅雨の季節、壁にカビが生えやすい季節ですね。

換気はしてるものの、壁のことなんて気にしてなかった人も多いのではないでしょうか?

私も、普段は気にしていませんが、ふと壁に目をやると意外とカビが生えてるような黒っぽい色になってたりすることがあってどうしたものか・・・と感じています。

ということで、今回は壁紙にカビを生やさないための予防方法をご紹介します。

雨が多くなる時期がやってきました。湿度の高さに心身ともにグッタリしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

【カビ予防1】部屋の換気をこまめにおこなう

晴れた日には窓を開け、部屋にこもった湿気を追い出しましょう。

換気扇や扇風機がある場合は、こちらも使って換気を促すのがおすすめです。

雨の日の換気は外の湿気を取り込んでしまうため、逆効果になるので注意しましょう。

 

 

【カビ予防2】家具と壁の間を広く取る

湿気は小さな隙間ほど溜まりやすいと言われています。家具を壁から離して置けば、湿気の溜まり具合も緩和されますよ。
また小さな隙間に溜まったホコリも、カビにとっては大事な栄養源になります。

家具と壁の間の空間に余裕を持つことは、二重の意味でカビ防止に繋がるのです。

タンスなどの通常の家具は5cm程度、冷蔵庫など湿気を放つ家電の場合は、10cmほど壁から離すのが良いでしょう。

 

【カビ予防3】除湿機を使用する

冬場の結露や、梅雨の時期の高い湿度は、除湿機で軽減するのも一つの方法です。

雨の時期のやむを得ない室内干しも、除湿機があれば湿度の上昇を抑えられるというメリットがあります。

除湿機もタイマーや室内干しなどの機能もついていたりもしますので、利用してみるのもありかもしれません。

 

【カビ予防4】結露対策をおこなう

結露による水分は窓を伝って床や壁に吸収されてしまうので、お部屋の中で結露しやすい窓はしっかりと対策を取ることが重要です。

新聞紙を貼り付けて湿気を吸収するのが簡単な方法ですが、結露防止シートを使用して結露の発生自体を抑えるのも効果的ですよ。

 

少し手間かもしれませんが、こまめに窓の掃除をするのもいいでしょう。

 

壁紙以外でもそうですが、カビ予防はなんといっても換気が重要。

晴れた日は窓を全開にして、カビの原因となる湿気を追い出してしまいましょう。

 

カビが生えないような環境が一番ですが、どうしても家の中全部に手が回らないのが現状。

普段から予防対策をしておくことで、カビが生えるのを防いでくれるので、いくつか方法を試してみるのがいいでしょう。

ぜひ、やってみてください。

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール