バスタオルを洗うちょうどいい頻度 | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

バスタオルを洗うちょうどいい頻度

 

梅雨が近付いてきましたね。

湿気の多い日が続くと気になってくるのは菌の繁殖

皆様バスタオルはどのくらいの頻度で洗っていますか?

 

バスタオルを毎日洗う人は意外と少なく何回か使用してから洗濯する人も沢山います。

確かにバスタオルを毎日洗濯するのは大変です。

 

そして「お風呂で体を洗ってキレイだからバスタオルで拭いても汚れていないから大丈夫」と思っていたら大間違いです。

 

衛生微生物研究センターのリサーチによると・・・洗いたてのタオルには19万個の細菌が!1日使ってそのままにしていたバスタオルには、1700万個の細菌がいることが判明しました。もし1週間洗わずにいると、菌の数は1億個以上に増殖するそうです。

 

1億個以上の細菌は、排水溝の中と同じくらいの細菌がいる状態です。

洗わずバスタオルを使い続ければ、菌はどんどん繁殖していきます。

使用直後のバスタオルには、水分に加え細菌の栄養となる汗や体の垢も付着するので、菌が繁殖する条件が整っているのです。

 

大量の細菌がいるタオルをつかえば、体にも大量の菌が付着します。そのため、衛生面を考えるとバスタオルは毎日洗うことが望ましいです。毎日洗うのが難しいという人は、最低でも2~3回に一回は洗濯をしましょう。3日目を過ぎると雑菌が繁殖し、タオルから生乾き臭がすることも。肌の弱い人やアレルギー体質の人は、菌の繁殖したタオルを使うと症状が悪化する可能性があります。

そんなに大量の菌なんて・・・どうしたらいいの!?

菌を繁殖させない方法をご紹介いたします。

 

菌を繁殖させない方法

・漂白洗剤で菌を死滅させる

漂白することで、菌を死滅させることができます。洗剤をうまく使って、菌を激減させましょう。

・抗菌作用のある洗剤を使う

抗菌作用がある洗剤で、菌がつかなくなるようにすることで防止にもなります。

・バスタオルを使い終わったら、広げて風通しの良いところに干しておく

干すときは、天気のいい日に風にさらしておきましょう。タオルに風通しをすることで、悪い菌もなくなることでしょう。

次に使うときに、気持ちのいいタオルに生まれ変わります。

 

以前、「しつこい臭いの洗濯方法」でもご紹介したように、洗濯臭の原因は菌の繁殖です。

漂白洗剤でつけおきすれば、菌を死滅させることができ、抗菌作用のある洗剤を使用すれば菌が増殖するのを防げます。バスタオルの使用後はすぐ洗うこと。乾かすときはきちんとタオル内に風が通り乾燥するように、きちんと乾かしましょう。

 

 

 

バスタオルを清潔に保ち、お肌に優しいタオルを目指しましょう!

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール