ごわごわがふわふわタオルに大変身! | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

ごわごわがふわふわタオルに大変身!

最近、お気に入りのタオルがごわごわしてきた…と感じたことはありませんか?

「長く使ってきたからもう替え時かな~?」

「使い方が荒かったのかな?」

といろんな不安が出る人もいるかもしれません。

その悩みは、普段何気なく行っている洗濯方法で解消することが出来るのです。

今回は、タオルが「ごわごわする原因」と「ふわふわにする洗濯方法」をご紹介いたします。

ごわごわする原因としては・・・汚れを落としたいがために、規定より洗剤を多めに入れてしまうと、ところどころで洗濯物に洗剤が残ってしまいます。それが繊維を痛めたりしてしまうことでごわごわする原因に!

水分がちゃんと取れていないということもごわごわの原因になります。

洗剤を使ってもしっかり洗い流し、乾かす際も方法を気を付けることでごわごわがなくなります。

これから3つのポイントをご紹介しますので、参考にして「ごわごわタオル」から「ふわふわタオル」に変身させて気持ちよく使えるタオルにしていきましょう。

 

 

1、乾燥機を使う

これがタオルをふわふわさせるのに、一番効果がある方法です。

空気がタオルのパイルに入り込み、起毛するため、ふわふわになります。

しかし、乾燥機内の詰め込みすぎには注意してください。
ドラム内でバスタオルが舞うように乾燥させなければ、ふわふわ感が半減してしまいます。

また、長時間の乾燥は避けましょう。

 

2、仕上げに効果なのはクエン酸!

洗剤残りが心配な時は、洗剤のアルカリ性を酸性の「クエン酸」で中和させることで、ふわっと仕上げてくれます。

★使用方法★

①すすぎ洗いの最後に水30Lにつき、小さじ1/3を目安にクエン酸を入れます。

②まんべんなく行き渡ったら脱水をします。

 

 

3、繊維を起こすことでふわふわに!

タオルが水に濡れている状態だと、その繊維がへたってしまっている状態です。繊維がへたったまま乾かすと、ごわごわになってしまいます。乾燥機で乾かさない場合は、タオルの端を持って、20回ぐらい上下に振ってタオルの繊維を起こしてから干しましょう。繊維を寝かせたまま干すのはごわごわタオルの原因です。

※さらに、直射日光に当てたり、乾燥させ過ぎたりするのもごわごわのもとになってしまいます。

 

 

毎日肌に触れる物だからこそ、ふわふわのタオルを使うと幸せな気持ちになりますよね。

ちょっとした工夫で、タオルの”ふわふわ”の寿命はグン!とあがります。

お洗濯のひと手間で仕上がりに違いが出るので、一度お試しください!

 

 


 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

 

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール