家事が嫌になったらすべきこと3つ | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

家事が嫌になったらすべきこと3つ

毎日のこととして続く家事は、悩みの種。

もともと家事が好きで、得意な方ならいいのですが、そうではない方も多いはず。得意だといっても、毎日続くと、ときには投げ出してしまいたくなるのも無理はありません。

 

 

とはいえ、やらないわけにはいかないのが「家事」。そこで今回は、家事が嫌になったの乗り切り方をご紹介します。

 

とにかくやめる。何もしない

実のところ、家事はやらなくても、死にません!面倒な料理も、たまに外食やデリバリーで済ませてみませんか?

掃除や洗濯だって、1日や2日やらなかったところで、なんの問題もありません。

どうしようもなく嫌になってしまったのなら、すべてを一度投げ出してみるのも、ひとつの手。「今日はもう無理!今日の主婦業は閉店しました!」と、突っぱねてしまいましょう。

ご褒美をつくる

家事は主婦に与えられた、いわば「仕事」のはずなのに、お給料は発生しませんし、余程よくできた旦那さまでもいない限り、なかなか感謝の言葉も聞けません。そんなの、誰だって嫌になるに決まっています。

ですので、もらえないのなら、自分が嬉しくなる、ささやかなプレゼントを考えてみましょう

家族に交代!全てを任せてみる

疲れてしまったら家族を巻き込む選択も良いのでしょうか。旦那さまや手伝える年齢のお子様であれば、「もう私、家事が嫌になっちゃった! 今日はあなた達にお任せします」という日が1日くらいあってもいいのではないでしょうか。嫌がられるかもしれませんが、家族ですから少しぐらい協力を頼んだって何の問題もありません。

たまには家族に甘える。主婦にとってこれが一番、上手に家事を続けていくコツかもしれません。

 

それでもダメなら、家事代行サービス!

上記のことをやってみたけど、何かが納得いかない、家族から協力が得られない、気分がすっきりしない場合は家事代行を頼んでみてはいかがでしょうか?お料理だって、家事代行サービスに頼めば簡単楽チン。手の込んだ家庭料理だってお願いできてしまいます。プロの家事代行サービスに頼めば、家事ストレスの軽減につながるはず。

 

是非一度カジェールの家事代行サービスのトライアルをお試しください!

 

 

 


【ご利用者様より大変ご好評をいただいております!!】

カジェールはクッキングプランも承っております。メニュー内容はお客様とご相談の上、お好みに合わせたお料理を調理いたします。「お料理の下ごしらえだけでも・・・」「お誕生日やクリスマスなどホームパーティーのイベントで手が回らない・・・」などの、お客様のご要望にもお応えいたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。現在多くのご利用者様よりご予約をいただいております。プロの家事代行スタッフが真心を込めてお客様のために調理させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

自分のゆとり、家族との時間、もっと輝くあなたのために。

 

家事代行サービスはカジェール

電話番号:0800-600-8825

対応地域:東京、千葉、名古屋、大阪、神戸、京都

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール