ダニ撃退!年末にするカーテンの洗濯 | カジェール

BLOG

カジェール 
スタッフブログ

ダニ撃退!年末にするカーテンの洗濯

ぱっと見には、そんなに汚れているように見えないカーテンでも、室内外の空気にさらされて、ホコリや手垢などで意外と汚れているのをご存知でしょうか?

 

なんとなく汚れが目立たないようなカーテンを選んでいても、意外と汚れているものです。

カーテンが汚れていては、部屋の空気も窓から入ってくる風とともに悪くなる一方です。

 

 

お手入れせずに放っておくと、いつの間にかカビが発生して、衛生的ではありません。

この機会に、ぜひカーテンをキレイにして、窓をあけても新しいキレイな風も入ってくるようにしませんか。

今回は、カーテンの掃除方法と洗濯方法についてご紹介します。

 

 

カーテンの日々のお手入れ方法

カーテンは、毎日の掃除のついでにハンディモップや掃除機でホコリを取り除く掃除方法がオススメです。とくに、カーテンのドレープやタッセルの部分はホコリが溜まりやすいので念入りに行いましょう。

※タッセルとは、マントの留め具のことで、今ではカーテンの装飾品となってるそうです。

 

年に数回は洗濯をしましょう!

カーテンは、定期的に洗濯することが大事です

汚れをそのままにしておくと落ちにくくなるだけでなく、繊維の劣化にもつながってしまいます。ドレープカーテンは年に1回、レースカーテンは年に2〜3回の頻度で洗濯することをおすすめします。

 

続いて、カーテンを洗濯する手順を説明します。

1、水洗いできるか洗濯表示を確認する

2、ホコリをはたき、カーテンフックをすべて外す

3、プリーツに沿ってたたみ、洗濯ネットに入れる

4、中性洗剤を使い、ソフト洗いやドライのコースで最大水量で洗う

5、ドレープ1分、レース30秒ほどの短い時間で脱水する

6、カーテンレールに吊るし、自然乾燥させる

7、屋外に干す場合には必ず陰干しで

 

乾かす際、乾燥機は使わないようにしましょう。また、カーテンレールに吊るす場合は、床が濡れないようにビニールシートなどを敷いておくとよいですね。

 

埃やカビ、ダニの温床になりやすいカーテン。年に数回のお洗濯で、日々の生活空間が快適になること間違いなしです。

大掃除ついでにカーテンのお洗濯をしてみてはいかがでしょうか。

 

1日に一回は触っているカーテン、この機会に一度、じっくり汚れがあるかどうか確認してみませんか?

気になるようなら、上記のやり方でやってみてください!

0

カジェールのプラン

よくあるご質問
料金一覧
スタッフブログ KAJIER カジェール